AGAでハゲる

男性のAGA

男性のハゲでは病院に行けば治るものがあると言われます。AGAと言われているもので、これは専門の病院で血液検査などをして診断されます。

男性ホルモンが変異することで髪の毛が生えにくい状態が出来ていますから、これを投薬などで治療していきましょうというものですね。

月に1回ペースで通院して、頭皮写真や検査をして投薬が続きますが、かなり改善されるようです。

遺伝的な要素も絡んできますが、生活習慣などの問診も受けて原因の特定・改善を医師がサポートしています。5α-リゼクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結びつくと、ジヒドロテストステロンという悪い男性ホルモンになります。

この動きを封じてしまえば良いのでは?と言う考え方で治療を進めていきます。

専門医はAGAに関しての知識も豊富ですし、様々なケースを見ているので、一般的な皮膚科より信頼できると思いますよ。AGAの特徴としては、ハゲは治せると考えて構わないでしょう。

女性のAGA

男性のものとして認識されてきたAGAですが、女性でも同じような原因でハゲが出ることがあります。

女性の場合にはFAGAという呼び方になりますね。FAGAに関しては、男性のAGAのように生え際から後退することが少ないです。

全体的に髪の毛が痩せたりボリューム感が損なわれていきます。特に頭頂部に顕著な変化が出ますので、男性とは違う見分け方をします。

また、対処方法も同じなのかというと、これは少し違う話になってきます。男性のAGAに使用するような投薬は行いませんので、FAGAでは専門医もアプローチの仕方を変えなくてはいけないのです。

女性用の育毛剤で全く効果が感じられないと言う方は、FAGAの可能性もありますので、頭皮チェックをしたり専門医に見てもらったほうが良いでしょう。

頭皮が脂ぎっている方はFAGAの傾向にあると思って早めの対処をしてください。ご自分で頭皮をチェックした時に吹き出物や赤み、痛みがある場合にもFAGAの可能性は高くなりますよ。

当サイト一番人気記事
【ポリピュアEXは効果なし?】薄毛ハゲ予防対策に効くと評判の育毛剤を成分評価!

このページの先頭へ