ブラシで叩いてはいけない

刺激が過ぎると

昔はハゲや薄毛の対策として、頭皮をブラシで叩く方もいますね。刺激を与えることで血行を促進し、発毛も促されるとして良く使われた方法です。

ブラシの硬さにもよりますが、頭皮を叩けば生えるということはありません。

血がにじむほど叩くことはないでしょうが、頭皮ダメージになるので、発毛を促すことにはなりません。

毛穴の数が減ることはありませんが、少量の出血などがあって毛穴が塞がれると生えにくいというデメリットもあるようです。

最近では頭皮ケアの考え方も変わってきました。指で洗うのでさえ刺激が強く、専用のシリコンブラシで洗うアイテムまで販売されています。

シリコンブラシは、かなり柔らかくなっていて、あまり力を入れなくても優しくキレイにできるようにしています。以前とは根本的にケア豊富が変わったと思って構わないでしょう。

東洋人にありがちな痛ければ治るという考えは合わないでしょう。

結果的にはハゲが悪化

ブラシで叩いてハゲの改善をしようとすると、テレビを見ながら出来て簡単なイメージもあるでしょう。

ここまで強い刺激を与えるより、同じテレビを見ながらでも、頭皮マッサージをしたほうが余程、効果的です。

ブラシで叩いた結果、頭皮にはダメージが蓄積します。まず、頭皮のコンディションを治癒する働きが優先されますので、発毛を促進する機能が充分ではなくなります。

そうすると、まだ生えないと思って、さらにブラシで叩いてしまうのではないでしょうか、このようにして、治癒しなければ行けない状態がずっと続きますので、いつまで経っても発毛しやすい状態にはならないのです。

ブラシで叩けば叩くほど、髪の毛が生えにくく、ハゲが悪化していくと思って良いでしょう。

ご自分の目で見てコンディションが分かる部分ではありませんので、こんなにデリケートだとは思わないかもしれませんが、顔の皮膚と同じようにケアをしましょう。

髪の毛が抜けてきた、薄くなってきた方はこちら
ポリピュアEX

ハゲないように予防したいという方はこちら
薄毛・抜け毛対策に!プレミアムブラックシャンプー

このページの先頭へ