ドライヤーでハゲる

熱風の温度によって

毎日、シャンプーをすると思いますが、髪の毛を乾かすのにドライヤーを使用しますよね。

この使い方でもハゲを促進することがあります。頭皮は、乾燥しすぎてしまうと、髪の毛を維持したり生やすという機能を落としてしまうので、出来ればノーマル状態の皮脂はあったほうが良いのです。

乾燥して角質が剥がれてくると、フケのようなものが落ちてくる可能性もあります。

皮脂汚れが溜まっているのも好ましくないのですが、乾燥してカラカラの状態では抜け毛も多くなります。

髪の毛に十分な栄養が行き渡るコンディションではないので、ドライヤーの熱風で乾かしすぎないようにしましょう。

一般的に髪の毛から30cm程度離して熱風を当てるようにしなくては髪の毛にも頭皮にもダメージとなります。

時間があれば冷風でじっくり乾かしたほうが良いと思ってください。

また、ドライヤーがダメなら自然乾燥に…と思うかもしれませんが、髪の毛が濡れた状態が長く続くと雑菌の繁殖をしてしまいます。

髪の毛や地肌に近いと

髪の毛や頭皮にも適度な水分があって、健やかな状態を保っています。顔の肌と同じように考えてみましょう。

顔にドライヤーの熱風を近距離で当ててしまったら、どれだけ乾燥するかわかりますよね。

頭皮も同じで、あの温度の熱風が近くから当たれば、水分が失われていきます。

そして、1箇所にずっとドライヤーを当てるのではなく、左右に振るようにして満遍なくドライヤーの風邪が行くようにしたほうが安心して使えます。

髪の毛の量にかかわらず、ドライヤーを近くで当てると、何だか焦げ臭いようなニオイを感じることもありますね。

この臭がするのは普通ではありませんので、ドライヤーの使い方を見直さないと髪の毛のダメージから頭皮にまで乾燥が行って、生えにくいし、維持出来ないということになりハゲが進んでいきます。

使い方の工夫をするだけなので、すぐに実践することが出来ると思います。

当サイト一番人気記事
【ポリピュアEXは効果なし?】薄毛ハゲ予防対策に効くと評判の育毛剤を成分評価!

このページの先頭へ