ホルモンバランスによってハゲる

男性ホルモンの影響として

男性のハゲでは、男性ホルモンが関わってAGAになることがあります。5αリダクターゼというものが男性ホルモンと結合することで、ジヒドロテストロンというAGAの原因物質になるからです。

遺伝的に影響しやすい時もありますし、生活習慣などの理由からAGAになりやすいという状態が出ます。男性ホルモンは人によって持っている量が異なっていると言われます。

男性ホルモンが多ければハゲる、少なければハゲないということではないようですね。確かに髪や髭の濃い男性はハゲやすいと言われますので、男性ホルモンとの関わりは昔から注目されていました。

アメリカでは、男性を去勢して男性ホルモンを駐車すると言う実験までされましたが、体にある変化のない男性ホルモンが多くてもハゲとは関わりが少ないようです。

男性ホルモンの変化があって別の影響があればハゲるということなのです。

女性ホルモンとのバランス

男性ホルモンと異なった働きをするものとして女性ホルモンがあります。イメージとしては女性ホルモンが多くなるとハゲるのではないかと不安を感じると思います。

ところが女性ホルモンによって髪の毛にダメージが出にくくしたり、AGAの原因物質の影響を弱めることが出来ます。もちろん、それぞれのバランスが保たれなくてはいけません。

ハゲた時に頭頂部だけが薄くなって側頭部に残っている場合もありますね。ハゲてしまった部分は女性ホルモンの減少で薄毛になりやすく、残りやすい側頭部は男性ホルモンの影響で残っていると考えることが出来ます。

女性が髪の毛を伸ばしやすいのは、女性ホルモンが多く、その影響を受けますので、腰辺りまで伸ばせる髪の毛のサイクルになっているからですね。

男性は男性ホルモンの比率が多く女性は女性ホルモンの比率が多いというだけで、両方のホルモンを持っていて髪の毛にも影響が出るようになっています。これもハゲの一因として知られますね。

髪の毛が抜けてきた、薄くなってきた方はこちら
ポリピュアEX

ハゲないように予防したいという方はこちら
薄毛・抜け毛対策に!プレミアムブラックシャンプー

このページの先頭へ