遺伝でハゲる

父親がハゲだと?

父親がハゲていると自分も将来ハゲるだろうと不安に思っている方が多いのではないでしょうか?

男性ホルモンを持っている割合は、遺伝的な影響も受けますので、傾向としてはハゲになりやすいですね。その男性ホルモンの変化からAGAの原因物質が生まれる可能性も高くなるのは確かです。

しかし、父親がハゲで男兄弟2人だとしても、2人とも父親と同じようにハゲるというほどの確率ではないのです。

人間には先天的遺伝といって生まれつきのものと、後天的遺伝として生まれてからの生活習慣などで影響が出るものがあります。

子供は親と同じ生活をしますので、その習慣を身に付けることを後から影響の出る遺伝と捉えます。

先天的遺伝で男性ホルモンが多く、後天的遺伝で父親と同じ生活習慣になれば、ハゲの確率は上がっていくでしょう。この面ではハゲが遺伝したと思える状況になっていきますね。

隔世遺伝でハゲる?

ハゲは隔世遺伝するという話もよく聞いているのではないでしょうか?

医学的に考えてもハゲの隔世遺伝というのはあまり見られない例なのだそうです。

ただし、母方の祖父に関しては、少なからず影響があるものですので、ハゲの隔世遺伝は可能性があると考えて構わないですね。

祖父だけではなく祖母もハゲているのであれば、多少確率が上がるかもしれません。私達の体にある染色体にはXとYのタイプがあります。X染色体は母親から受け継ぐものです。

そしてハゲや薄毛に悩んでいる男性の血液検査をしてみると、X染色体の男性ホルモン受容遺伝子に変化が多く見られるという結果が出ています。

このようなことから母方の血筋で薄毛やハゲの人がいると隔世遺伝として影響が出やすいと考えられますね。

確率として高いというだけであって、祖父母がハゲなら自分もハゲると確定しているものではありません。

また、改善方法も多様にありますので、諦める必要はないでしょう。生活習慣なども見直しながら改善できるのではないでしょうか。

当サイト一番人気記事
【ポリピュアEXは効果なし?】薄毛ハゲ予防対策に効くと評判の育毛剤を成分評価!

このページの先頭へ