遺伝のハゲはどうしようもない?

ホルモンレセプターって?

遺伝性のハゲで問題になるのは、ホルモンレセプターがあります。これはホルモンを受け取る受容体ですね。

髪の毛の毛乳頭にはアンドロゲンレセプターというものがあります。これはAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンを受け取ってしまいます。

このアンドロゲンレセプターが敏感なのか鈍いのかということでハゲるかどうかが変わります。

アンドロゲンレセプターが敏感だと、どんどんジヒドロテストステロンを受け取りますのでハゲやすいです。

逆にアンドロゲンレセプターが鈍いとハゲにくいということになります。もし、ジヒドロテストステロンが同じくらいある人が2人いても、2人とも同じくハゲるとは限らないんですね。

このように考えると、遺伝で必ずハゲるとは限らないことが分かります。親や祖父母が薄毛やハゲで心配だと言う方は、予防として生活習慣などから見直しましょう。

遺伝で絶対にハゲる訳では…

遺伝で確実にハゲるという訳ではないことは、お分かり頂けたかと思います。兄弟が2人いても親や祖父母がハゲていたら100%2人ともハゲると決まったわけではありませんね。

兄がハゲて弟は何の問題もないということは良くあります。親よりも若い年齢でハゲ始めたという方がいると思いますが、若い男性の方が男性ホルモンをたくさん作る体になっていますので、ジヒドロテストステロンが作られる確率も高くなります。

その上、アンドロゲンレセプターが敏感に反応するタイプの方ですと、ハゲが進んでいきますので、AGAの治療を早く始めるとか、ハゲの対策で育毛剤を使うなどの努力が求められますね。

遺伝が原因かどうかも検査などで分かりますので、それ以外のことが原因なら、病院に通って治療をしなくていいということになるでしょう。専門家には相談しておくと安心できますが、費用がかかりますので検討したほうが良いですね。専門病院ですと自由診療で比較的高めになっています。

髪の毛が抜けてきた、薄くなってきた方はこちら
ポリピュアEX

ハゲないように予防したいという方はこちら
薄毛・抜け毛対策に!プレミアムブラックシャンプー

このページの先頭へ