育毛剤を使用する

どんな成分がいいのか

ハゲの対策として一番親しみがあるのは育毛剤かもしれませんね。AGA治療でも使用される成分があり、効果を期待している方が多いと思います。

医療用成分としてはミノキシジルがあり、有名なのでご存知かもしれませんね。

処方されるものでは、塩化カルプロニウムも血行を促進しますので利用されることが多いです。

独特の臭がするニコチン酸ベンジルは毛根を刺激して発毛を促進していきます。

生薬の成分ではニンジンエキスが結構の促進をしますし、センブリエキスは皮膚の毛細血管を拡張したり強くしますので、頭皮では髪の毛が生えやすくなります。

カシュウのように毛穴汚れを抑制して、頭皮を清潔に保てるものなど、かなり多くの種類があります。

炎症を抑える成分や頭皮に栄養を補ってく成分と合わせて使用していくと効果の実感が高くなります。

育毛剤は付けるだけでいいのではなく、マッサージをすると効き目が良くなるものですね。

どのくらいの期間がかかるのか

あくまでも平均的な目安ですが、育毛剤の使用は半年以上したほうが良いでしょう。

その頃から徐々に効果を感じ始めるので、少し時間がかかると思って試したほうが良いですね。

多くの方は2~3ヶ月程度で効果が出るものと思っています。早めに効果が出ないと、他の育毛剤を使用するなど方法を変えてしまうので、結局、発毛を実感できなくなります。

見た目にもハゲは気になりますので、すぐに結果を出したいと思うでしょうが、即効性のある育毛剤はあまりないですね。

髪の毛にはサイクルがあります。成長期・退行期・休止期と3つのステップで循環しています。

育毛剤の使用とタイミングが合えば効果は早いこともありますね。

ただ、全ての髪の毛が一斉に成長期に入るものではないので、理解しながら育毛剤を使用したほうがストレスを感じなくていいですよ。

半年で効果を少し感じる程度なので1年は使うつもりでいるようにしましょう。

当サイト一番人気記事
【ポリピュアEXは効果なし?】薄毛ハゲ予防対策に効くと評判の育毛剤を成分評価!

このページの先頭へ