医薬品で対処する

どのタイプのハゲに対して?

医薬品で対処をするのなら、プロペシアがハゲに有効です。ほとんどの場合、AGA治療薬としてしようしますね。かなり効果が高く注目されています。

その理由として、個人差はあるもののプロペシアを続けている限り、元に戻った髪の毛を失わなくていいと実感する方が多いからです。

効果が出るのも4~5ヶ月程度が平均になっていて、育毛剤やサプリメントより早いというのが悩んでいる方には嬉しいですね。

注意点としては、このプロペシアは女性のFAGAには使用できません。男性とはホルモンバランスも異なりますし、健康被害が出る可能性があります。

デメリットとしては飲み続けることで、毎月の投薬台の面で大変なのかもしれません。専門の病院で投薬を受けますので、通院をする時間も作らなくてはいけません。

発毛効果の高さと費用面での問題を検討する必要はありますね。

個人輸入をしてはいけない

継続を必要とするプロペシアは個人輸入をして購入できます。手数料などを考えても割安になっていて、個人輸入したプロペシアを使用している方もいると思います。

大きなデメリットもありますので、理解した上で行うようにしてください。日本国内の病院で処方する薬は、安全性の確認をしていて医師が状態を見ながら処方するものです。

したがって万が一、問題が起こっても誰が責任を取るのかということがハッキリしていますね。

しかし、個人輸入ではどうでしょうか?基準をクリアしていているかという保証が明確ではありません。

代行会社を経由する場合も「一切の責任を負いません」と明記していますし、同意して輸入代行を依頼します。

直接ご自身でプロペシアを個人輸入するとしても、問題が起こった後、外国語で対応を依頼するのは非常に難しいですね。

個人責任として輸入を行いますので誰も責任は取ってくれないものと理解してから使用しなくてはいけません。

危険性を考えると、割高に感じても医師の処方を受けた使用をするのが望ましいのです。

当サイト一番人気記事
【ポリピュアEXは効果なし?】薄毛ハゲ予防対策に効くと評判の育毛剤を成分評価!

このページの先頭へ