生活習慣でハゲる

飲酒や喫煙の影響

生活習慣を原因としてハゲるケースも多いですね。刺激物は良くないと言われることが多いですが、何気なくしている習慣でも髪の毛に良くない効果が出ます。

飲酒は血行を促進して髪の毛も生えやすくなりそうですが、一定時間だけ体温を上昇させて汗が出やすくなります。

開きすぎた汗腺から汗は出ますが、そこから体温も奪われていきますので結果的には体を冷やすようになっています。

血行促進として使える方法ではありませんね。毛穴に汗の汚れも溜まりますので髪の毛が生えにくくなります。

喫煙は血管を収縮させて血行不良になりますし、交感神経を刺激しますのでストレスを貯めると思って構わないでしょう。

実はタバコのヤニは頭皮にも影響があって、喫煙者の頭皮は美容師から見ても黄色く変色しているのが分かるほどです。

頭皮コンディションへの影響が強いので喫煙もハゲの原因と考えることが出来ますよ。

食生活の影響

食生活もハゲには影響します。わかめや昆布などの改装を食べると髪の毛にいいと言われますが、これだけを食べていると薄毛は促進されるでしょう。

髪の毛を作っているのはタンパク質ですので、肉や大豆製品なども積極的に摂りたいですね。

バランスの良い食事をしていないと髪の毛を生やす環境ではなくなります。油の多い食事を続けていると、頭皮も脂ぎった感じになっていって毛穴詰まりを起こします。

詰まった毛穴からは新しい髪の毛が生えにくいので薄毛が進んでいきますね。逆に油が良くないとして一切、食事で摂らないようにすると頭皮は乾燥していきますので、これもハゲに繋がります。

血行を促進しようとして辛いものをたくさん食べたら発毛に良いということではありませんね。

ビタミンやミネラルも1日に必要な分を食べないと、やはり髪の毛を生やせる体の状態は作れないものなのです。

過激なダイエットをする女性は、髪の毛までやつれていくと思います。ツヤや髪の毛の太さまで失われますので、食事と髪の毛の関わりは大きいですよ。

当サイト一番人気記事
【ポリピュアEXは効果なし?】薄毛ハゲ予防対策に効くと評判の育毛剤を成分評価!

このページの先頭へ