シャンプーでハゲる

シャンプーに入っている成分

シャンプーの影響でハゲる場合もあります。今は、女性を中心にノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーが好まれているのをご存知でしょうか?

シャンプーには安価で泡立ちを良くする石油系合成界面活性剤が使用されてきました。すすぎが充分でないと毛穴に詰まる事があります。

また髪の毛をサラサラにする成分としてシリコンが入っています。これは健康な髪の毛にするというよりは、表面をコーティングすることで摩擦を軽減する効果があります。

同じく毛穴詰まりなどで頭皮コンディションに良くない影響を出しますね。

ラウレス硫酸ナトリウムとかラウリル硫酸ナトリウムなどと成分名を聞いたことがあると思いますが、頭皮に対しての刺激や毒性があるとして使用したくないものがあるのです。

泡立たないとキレイになった気がしないという方も多く添加されてきたようですね。

何がいけないのか?

シャンプーは泡立つほど頭皮や髪の毛がキレイになるものではありません。ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムは、泡立ちもよく洗浄力が高いです。

ただ、頭皮に必要な成分まで洗い流してしまいますし、刺激があって頭皮ダメージが残ります。すすぎ残しがあると、頭皮に残った成分も髪の毛を生えにくくしていきます。

シリコンに関しては、多少入っていることで、摩擦で髪の毛が抜けることを予防できますが、その良い効果と比較しても、髪の毛を生えにくくするデメリットの方が大きく働いてしまいますね。

髪の毛や頭皮は、洗い残しがあっても洗いすぎてもいけないのです。ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムのような強力な洗浄力は本当のところ必要ないですね。

リンスインシャンプーのようなものを使うのもオススメ出来ません。両方の働きはしますが、結果的にそれぞれの効果が中途半端になっていると思って構わないでしょう。

洗うのと潤すのは別々に考えたほうが良いです。

当サイト一番人気記事
【ポリピュアEXは効果なし?】薄毛ハゲ予防対策に効くと評判の育毛剤を成分評価!

このページの先頭へ