正しいシャンプーの仕方

シャンプーの手順

ハゲ対策の頭皮ケアでもシャンプーは大事な方法となります。洗うタイミングとしては、夜、帰宅してからをオススメします。

朝に洗っても、日中に活動をすると頭皮の汚れは溜まりますので、そのまま寝るのは汚いままですね。

実際の洗い方ですが、プレシャンプーとして湯シャンをします。お湯で5分位かけて髪の毛や頭皮の汚れを流していきます。

これだけでも汚れがかなり取れますし、残った汚れを浮かせて洗いやすくします。毛穴も開きやすいので、さらに汚れは落ちますね。

出来れば体も温まっていたほうが良いので、お風呂では湯船に使ってからシャンプーを始めたほうが良いでしょう。

シャンプーを付ける時は、プロの美容師さんでもそうですが、液体のまま髪の毛や頭皮につけることはありません。

手の平に取ったら、少しこするようにして泡を立てます。そして満遍なく全体に回ったら、手を熊手のような形にして揉んで洗ってください。

すすぎ残しのないように落としたら完了です。

タオルドライも優しく

髪の毛を洗ったら、ドライヤーの前にタオルで乾燥させますね。タオルドライをする時に、出来るだけ乾かそうと思って、ゴシゴシ強くこすっている方が多いのではないでしょうか。

これも美容室でのやり方と同じように、優しく押さえるようにして水分を取るようにしてください。

せっかくキレイに洗ったあとなので、タオルも清潔なものを使用してください。髪の毛の水分を取るというより、頭皮の余分な水分を押さえて取り除いていくだけですね。

摩擦で頭皮に余計な刺激を与えると、ダメージになりやすいです。また、その後に育毛剤や育毛トニックを使うとシミて痛みを感じることもあります。

私たちが思っているより頭皮はデリケートなので、タオルでこするのはオススメできません。髪の毛も摩擦で傷んでしまうので、頭皮ケアではしないほうが良い行為だと思って注意してください。

当サイト一番人気記事
【ポリピュアEXは効果なし?】薄毛ハゲ予防対策に効くと評判の育毛剤を成分評価!

このページの先頭へ