睡眠不足でハゲる

血行不良が起こるので

睡眠不足でハゲると言われても、特に関連が思いつかないですし「寝ればハゲないのか?」と思ってしまうのではないでしょうか?

眠ることによって体の疲れを癒やしたり精神的にも休憩する事が出来ますね。ストレスなどを解消するのにも眠ってリセットするのは大事なことなのです。

眠れないことが続くと、交感神経が活発になって血管の収縮をしますので、血行不良が起こりますね。

健康の面でもよくありませんし、髪の毛のコンディションにも関わってきます。体がリラックス出来ないと、心身ともにストレスが溜まって健康的ではいられません。

健康状態が良くない方の髪の毛を見てみると、やつれてツヤのない感じがわかりますよね。

髪の毛にまで十分な栄養を送ることも出来なくなって剥げやすいと思って良いでしょう。

睡眠不足から血行不良になると、頭皮の柔らかさも少なくなって、髪の毛が生えにくい状態になっていきます。

成長ホルモンの恩恵がない?

女性がよく気にしているお肌のゴールデンタイムというものはあります。時間にして午後10時~午前2時の間なのです。

この時に何が起こっているかというと成長ホルモンが分泌されて、日中に受けた体のダメージを回復するために必要なのです。

成長ホルモンは肌に受けた紫外線ダメージも回復しますが、髪の毛や頭皮に対しても同じような効果を発揮します。

ただし、ゴールデンタイムには眠っていると成長ホルモンの分泌が活発になるので、この時間に起きていれば成長ホルモンの恩恵が受けられないと思って良いでしょう。

人によって睡眠のリズムが違いますので、多少時間は前後しますが、この時間帯を目安にして眠っていると、頭皮や髪の毛のダメージも回復しやすいでしょう。

睡眠不足になっているとハゲるというのは、このような理由もあるのです。男性でハゲを気にしている方は、この成長ホルモンの影響について、ご存じない方が多いでしょう。

実は理にかなった睡眠の効果があるのです。

当サイト一番人気記事
【ポリピュアEXは効果なし?】薄毛ハゲ予防対策に効くと評判の育毛剤を成分評価!

このページの先頭へ