ストレスでハゲる

脳との関連で

ストレスが溜まるとハゲるというのは、ある種の定番のように考えられています。

ストレスは、自律神経のうちの交感神経を刺激してしまいます。この交感神経は活発になると血管の収縮をさせますので、頭皮まで血行不良になって薄毛になりやすいコンディションが出来てしまうのです。

そのまま改善をしなければ、ハゲると思ってください。適度なストレス発散をしながら、髪の毛を労るケアを取り入れていったほうが良いですね。

髪の毛の構造を見てみると毛根に栄養が行かないことで、孟母細胞が活動できなくなります。

髪の毛を維持していくことも、新しく生えるようにすることも難しい状態ですね。生えている髪の毛も周期が変わると抜けていきますので、より一層、薄毛になったことを感じていきます。

すぐにストレスがなくならなくても、頭皮の血行を促進する改善方法がありますので併用していくと効果が感じられます。

円形脱毛症ばかりではない

「ストレスでハゲる」で連想するのは円形脱毛症ではないでしょうか?

もちろん、円形脱毛症もストレスから来る血行不良によって起こります。

しかし、全体的にボリュームが少なくなってくるのもストレスが影響していると思って構わないですね。

あまりメカニズムが解明されていない時は、「頭をつかう人はてっぺんから、気を使う人は前からハゲる」と言うことが定説のようでした。

血行不良は頭皮全体に起こるものですので、一部分だけがストレスでハゲたとは決めつけられませんね。

未だに、この説を信じている人もいますが、正しい知識ではないことを理解しておきましょう。

何だか薄くなってきたなと思ったら、ストレスも原因になっているとして解消を試みてください。

何か1つの方法だけ使っていれば、ハゲが治まるということではありません。

複合的なアプローチをしたほうが早めの結果も期待できるでしょう。円形脱毛症の様に明らかにストレスが原因のものばかりではありませんよ。

髪の毛が抜けてきた、薄くなってきた方はこちら
ポリピュアEX

ハゲないように予防したいという方はこちら
薄毛・抜け毛対策に!プレミアムブラックシャンプー

このページの先頭へ